2015年10月20日火曜日

「あなたと並ぶ者はだれもいない」

皆さん、おはようございます。

10月も中旬の最後の1日となりました。前回の更新は10月2日でしたから、しばらくぶりのブログ更新となります。10月に入って、久しぶりにブログを更新したら、数名の方から、「ブログを更新されましたね!」と。あぁ、皆さん見ていて下さっているのだなぁと、ありがたいやら申し訳ないやら。。。。

「聖なる方は主のみ。あなたと並ぶ者はだれもいない。」
(旧約聖書 サムエル記上2章2節)

本日、10月20日(火)の「ローズンゲン」の御言葉です。
(ローズンゲンについては、こちらをご覧ください)

昨日、「悲しい」と思うことが、立て続けに3件ありました。その悲しさがどこから来るものなのか、自分ではよく分かっています。分かっているだけに、「そんなことで悲しむのか?」と、自分の了見の狭さに、余計悲しくなってしまいます。牧師とて、いや、牧師のような「こころ」を取り扱うお仕事をしているからこそ、自分の振る舞いにセンシティヴになることがあるのかもしれません。

悲しむことは悪いことでは無いし、そういう自分自身に素直に向き合うことから、道が開けるのは間違いないことです。しかし、と同時に、上の聖書の言葉にあるように、聖さをもって、私たちと共に歩んでくださる私たちの神様がおられるということこそ、悲しみへの最高の手当てであると信じています。

私たちは、そのために、「神様に祈る」という機会が与えられています。聖書から神様の思いを知って、神様と祈りで交わるひと時が、本当にぜいたくなひと時であることを思います。もちろん、誰でも祈ることができます。美辞麗句でなくても良いのです。祈ることによって味わえる喜びを、是非分かち合いたいと思います!

ということで、今日も一日、日々是ハレルヤ!でいきたいと思います。皆さんも、良い一日をお過ごしください!

2 件のコメント: