2015年10月31日土曜日

ルターさんはこの日......

死の綱がわたしにからみつき
陰府の脅威にさらされ
苦しみと嘆きを前にして
主の御名をわたしは呼ぶ。
「どうか主よ、わたしの魂をお救いください。」
(旧約聖書 詩編116編3-4節 [新共同訳聖書] )

今日10月31日は 「宗教改革記念日」 です。
プロテスタント教会にとっては、記念すべき一日です。数えて498回目です。

1517年10月31日、ドイツ東部にあるヴィッテンベルクで、カトリックの司祭にして神学教師であったマルティン・ルターは、教会内の改革運動に着手します。彼の主張は「聖書の言葉に堅く立つ」ことでした。後にカトリック教会を破門されたルターは、持説を展開し、それがプロテスタント教会の基礎へと発展しました。

2015年10月27日火曜日

罪という語の難しさ・奥深さ

皆さん、おはようございます!
朝起きた時、東京・世田谷の気温は12度でした。来週には11月を迎える訳ですから、このぐらい寒くなるのも当然ですね。しかし、去年までは、もっと寒いところに住んでいたのに、人間の順応性の高さ(というか、耐性の弱さ・・・)には、本当に驚かされます。今日も、日々是ハレルヤ!皆さんの一日が、祝福に満ちあふれたものでありますように、お祈りします!

どうか、あなたの大きな慈しみのゆえに、また、エジプトからここに至るまで、この民を赦してこられたように、この民の罪を赦してください。
(10月27日のローズンゲン・民数記14章19節)

今日のローズンゲンに示された聖書の言葉にも登場する「罪」という言葉。ふと、聖書の中でどれほど登場するのだろうかと思い、調べてみました。私が普段使用している、『聖書 新共同訳』によれば、罪という漢字(「罪過」とか「贖罪」なども含む)が、何と1,534回も用いられているのです!


2015年10月24日土曜日

クリスティーナさん

皆さん、こんにちは。
今日も日々是ハレルヤ!どのような土曜日の一日をお過ごしになられているでしょうか?

随分日が沈むのが早くなってきました。今は午後5時を回った頃ですが、外はかなり暗くなりました。明らかに季節は秋深し、と言ったところですが、昼間はとても晴れ晴れとした、気持ちの良い天気でした。教会近くの「駒沢オリンピック公園」では、昨日から「東京ラーメンショー2015」が開催されています。駒沢公園に行かれる方々が、教会の前を通られていました。皆さん、美味しいラーメンに出会うことはできたでしょうか?教会も便乗して、何か出店でもしたら、道行く方々にお配りできるのではないか・・・。そんなことを考えてしまいました。

東京ラーメンショー2015
ウェブサイトは、コチラ
開催日程は、
[第1幕]
10月23日(金)~10月26日(月)  10:00-21:00
10月27日(火)~10月28日(水)  10:00-18:00
[第2幕]
10月29日(木)~11月02日(月)  10:00-21:00
11月03日(火)~11月02日(月)  10:00-18:00

2015年10月23日金曜日

教会車が納車されました!

「それらは霊が行かせる方向に、霊の行かせる所にはどこにでも進み、車輪もまた、共に引き上げられた。」
(旧約聖書・エゼキエル書1章20節)
 
旧約聖書に登場する神の預言者エゼキエルは、最初に観た幻の中で、天使が「車輪」をともなって現れたことを記しています。聖書の中に、車輪について触れられている箇所は、なかなか珍しく、この車輪をともなって現れる天使は、「智天使(ケルビム)」であると言われています。神の智恵を示す天使が、車輪と共にやって来るなんて、何か興味深い話ですね。
 
さて、昨日、深沢教会に新しい「教会車」が到着しました。トヨタ・ヴォクシー、8人乗りです。別に、「ボクシ」が乗るから、ヴォクシーというわけではないのですが、いろいろ検討した結果、これが良いとの結論に至りました。
 
御存知の方もおられますが、去る7月6日に、前の教会車は大きな事故に遭い、大破してしまいました。その車は廃車となり、しばらく不便する日々を過ごしました。教会車は主に、日曜日の礼拝の送迎に用いられます。一人で礼拝に来ることが難しい方や、最寄駅の駒沢大学駅から教会までは、徒歩15分はかかるので、何かと便利な「足」として、用いられていたわけです。しかし、新しい教会車が来ましたので、これから教会活動のために存分に用いられることを願うばかりです。教会に来るのに不安を感じられる方がありましたら、喜んで「アッシー」になりますので、ご遠慮なくお声をおかけください!(ちなみに私は「アツシ」ですwww)

納車後、この自動車が神様の守りによって用いられるように「納車の祈りと祝福」を行いました。ちょうど、教会では「いきいき体操教室」が行われていましたので、その参加者の兄弟たちと、そして、集会から帰ってきた姉妹、そして祈りのために駆けつけてくれた姉妹、そして私たち夫婦の7名で祈りをおささげしました。よく、私たちが見かけるのは、神主さんが御幣をフリフリしながら、祝詞をあげる、あの風景ですが、私たちは、聖書を読んで祈るというもの。私の格好も普段着。何とも見た目はフツーの光景ですが、祈りはタップリとおささげしました。

その後、車両・送迎担当のO兄弟の運転で、近所を一周しました。とても快適な「初乗り」でした。その後は、早速「所用」の名のもとに、私も運転しました。とても気に入りました。

今日も日々是ハレルヤ!皆さんも良い一日を!

深沢教会ウェブサイトは、コチラから!





2015年10月21日水曜日

在欧日本人宣教会・運営委員会に出席しました。

皆さん、こんにちは!
 
昼間でも、吹く風が秋だなぁと感じるようになりました。牧師室の窓を開けて、涼しく、そしてさわやかなそよ風を浴びながら、仕事ができることに、嬉しさを感じています。今日も日々是ハレルヤ!皆さんも素敵な午後のひと時でありますように、お祈りしています。
 
さて、昨晩のことですが、深沢教会を会場にして、「在欧日本人宣教会」の運営委員会が行われました。在欧日本人宣教会は、1995年にヨーロッパにおける日本語宣教を支えることを目的にして誕生した団体です。当初は、イギリス宣教に特化した「在英日本人宣教会」でしたが、2001年にその範囲は欧州全体に向けられて、現在の団体名になり、今日に至っています。

今年で20周年を迎える宣教会ですが、私も今年から、委員のひとりとして関わるようになりました。この会の働きは多岐にわたっていますが、一人でも多くの方々に、この会の存在と活動を知っていただくために、現在、ウェブサイトの大々的なリニューアルを準備しているところです。昨日の委員会でも、内容についての確認が行われました。
 
ヨーロッパにおける日本語宣教がより豊かなものとされていくために、どのような協力ができるだろうか?この問いに対して、誠実に考えていきたい、と願わされたひと時でした。
 
*在欧日本人宣教会ウェブサイト http://www.joutreach.net/
   (近々、リニューアルします)
 
*ミュンヘン日本語キリスト教会ウェブサイト http://www.muc-japan-christ.com/
   (牧師の安藤廣之先生・里佳子先生は、在欧日本人宣教会から派遣されています)



2015年10月20日火曜日

「あなたと並ぶ者はだれもいない」

皆さん、おはようございます。

10月も中旬の最後の1日となりました。前回の更新は10月2日でしたから、しばらくぶりのブログ更新となります。10月に入って、久しぶりにブログを更新したら、数名の方から、「ブログを更新されましたね!」と。あぁ、皆さん見ていて下さっているのだなぁと、ありがたいやら申し訳ないやら。。。。

「聖なる方は主のみ。あなたと並ぶ者はだれもいない。」
(旧約聖書 サムエル記上2章2節)

本日、10月20日(火)の「ローズンゲン」の御言葉です。
(ローズンゲンについては、こちらをご覧ください)

昨日、「悲しい」と思うことが、立て続けに3件ありました。その悲しさがどこから来るものなのか、自分ではよく分かっています。分かっているだけに、「そんなことで悲しむのか?」と、自分の了見の狭さに、余計悲しくなってしまいます。牧師とて、いや、牧師のような「こころ」を取り扱うお仕事をしているからこそ、自分の振る舞いにセンシティヴになることがあるのかもしれません。

悲しむことは悪いことでは無いし、そういう自分自身に素直に向き合うことから、道が開けるのは間違いないことです。しかし、と同時に、上の聖書の言葉にあるように、聖さをもって、私たちと共に歩んでくださる私たちの神様がおられるということこそ、悲しみへの最高の手当てであると信じています。

私たちは、そのために、「神様に祈る」という機会が与えられています。聖書から神様の思いを知って、神様と祈りで交わるひと時が、本当にぜいたくなひと時であることを思います。もちろん、誰でも祈ることができます。美辞麗句でなくても良いのです。祈ることによって味わえる喜びを、是非分かち合いたいと思います!

ということで、今日も一日、日々是ハレルヤ!でいきたいと思います。皆さんも、良い一日をお過ごしください!

2015年10月2日金曜日

智子ちゃん先生と!

断食祈祷院での生活も、いよいよ最後へと近づきました。
この一週間、教会から遅い夏休みを戴いて、ゆっくりと毎日を過ごす事が出来ました。それも、ただの休みではなく、断食と祈りを通して、心身のリフレッシュが出来たのが、何よりの贅沢な時間の過ごし方でした。明後日からの務めに、また新たな思いで携わる事が出来そうです。感謝です。

先日のブログでは、代表の安田由久先生を紹介しましたので、今日は安田先生のお連れ合いである、「智子ちゃん」先生を紹介します!















私たちの真ん中にいるのが、安田智子先生です。由久先生と共に、カナ共同体の働きを担っておられます。接しているだけで心が和む、何とも癒し系の先生です。毎朝の礼拝賛美を担当されておられます。心躍る時間を過ごす事ができました。感謝です!

皆さんも是非、智子ちゃん先生、由久先生御夫妻に会ってみてください!いっぺんにファンになると思いますよ!

2015年10月1日木曜日

おすすめの一冊


『Fasting Bride  聖なる花嫁の断食』(マイク・ビックル著、川端寛海訳。パトモス社)

何とも綺麗な装丁に包まれたこの一冊は、断食祈祷院「カナ共同体・祈りの家マナ」が経営するパトモス社より出版されました。聖書に基づいた断食が、人間を心身ともに、さらに霊的に活かすことについて、明快に書かれた書籍です。

この休暇中、早速手にして読んでいますが、これは一人でも多くの方に読んで頂きたいと、心からお薦めする一冊です。私も東京に戻ったら、是非教会で読んでみたいと思いました。一冊1,800円+消費税です。

2015年9月30日水曜日

断食祈祷院3日目

断食祈祷院での休暇生活も3日目。自然豊かな環境の中で、祈りの時を持ちながらゆっくりと過ごしています。朝夕は気温10度を前後するような寒いところですが、昼間は快晴。森の木々とキンモクセイの香りを楽しんでいます。

何せ、8年越しの「片想い」を経て訪れることが出来ましたから、ここでの滞在に対する想いはひとしおです。3日間、水だけで過ごしてきましたから、胃袋の中はまさに空っぽです。今日は頭痛がしましたが、断食ゆえの好転反応とのことで、これは下調べしていましたから、そんなに気にしていません。それよりも、空腹感が全くありません。やはりこの反応もそういうことなのだそうです。体重を減らすことを目的としている訳ではないのですが、体重計に乗ったら、この3日間で3kg減りました。お腹がぺったんこです。

実に、内臓にも休暇生活を与えているのだと思うと、嬉しくなります。ここに霊的な喜びがストレートに入ってくると思うと、残りの日々も本当に楽しみです。


毎朝8時からは礼拝が行われます。1時間、賛美と祈りと聖書からのメッセージを味わっています。メッセンジャーは代表の安田由久牧師。今日はローズンゲンとモラビア兄弟団の話を中心に話してくださいました。私の関心分野だけに、メッセージに聞き入った次第です。

皆さんも良い日々をお過ごしください!日々是ハレルヤ!

2015年9月28日月曜日

帰国してはや半年!


皆さんこんにちは!

長いこと「日々是ハレルヤ!」を更新していませんでしたので、本当に久しぶりのUPです。
今日から土曜日まで、教会から休暇を頂きました。深沢教会に赴任して半年。これまでの歩みを振り返る意味も込めて、仕事から離れて、心身をリセット・リフレッシュしようと思いました。

そんな訳で、愛知県にある断食祈祷院に滞在することにしました。
写真は部屋の壁に掛かっていた聖書のことば。イエス様の言葉です。祈りに囲まれた数日間を過ごしたいと思います!

2015年4月16日木曜日

長旅おつかれさ~~ん!

昨日、無事に、引越の「最後にして最大の」荷物、船便に積まれた段ボール箱44箱が到着しました!

1月8日にケルンを出発、到着が4月15日。
3か月と1週間!!!! どこを通って旅したんだろうか・・・・。

しかし、外見も中身も、問題ないようです!良かった~~~~!


部屋に入りきらないので、牧師館となりの教会倉庫に安置。
少しずつ荷ほどきをしようっと!

2015年4月14日火曜日

牧師館メイク(その1)

船便もいよいよ明日牧師館へ到着することになって、荷物が全て揃うと思いきや。。。。ひとつ問題があるのは、牧師館には「家具がない」ということ。3年前にドイツへ渡った際、家具はほとんど処分してしまったので、現在の牧師館で生活をするための最低必要条件は、「家具を購入すること」でした。ドイツでは、家具は全て揃っていたので、その辺りの心配をする必要はなかったのです。

たった一つだけ、捨てないでとっておいた家具は、センターテーブル。結婚した12年前に、今話題のO塚家具で購入した、北欧製の逸品。このテーブルだけが、リビングにポツンと鎮座されていました。

家具を買う予算も、財布に風が吹くほど寂しいものですから、いかに安く、そして良いものを買うことができるかが勝負!それで今日、夕方から港北のIKEAとニトリへ。自宅からIKEAまではちょうど15km離れたところにあります。実はこの距離、ケルンでも同じ距離にIKEAがありました。引き続き近所にあるのは、本当にありがたいことです。ニトリも、IKEAから数キロ先にあるので、この2つのお店を巡るだけで、必要な家具やインテリア製品が入手できます。

今日は、リビングルームを整えるための家具数点を購入。金曜日に届くということなので、その詳細は徐々にあきらかにしたいと思いますが、まずは、リビングに敷くカーペットを持ち帰り品としました。早速敷いてみると、なんと!いっぺんに部屋らしくなったのでビックリ!そういうものなのだと、改めて感心したって訳です。

カーペットを敷いただけで、センターテーブルが引き立ちました!

これには、続編がありますので、少しずつアップしていきたいと思います。
そのうち、牧師館もオープンハウスができたら、と思いながら、楽しんで部屋づくりをしていきたいなぁと。牧師館は、深沢教会の3階にあります!ぜひ、教会にもいらしてくださいね~!

深沢教会のウェブサイトはこちら! http://www.fukasawa-c.com/

2015年4月11日土曜日

朋有り、遠方より来たる。また楽しからずや。

有朋自遠方来、不亦楽乎
朋有り、遠方より来たる。また楽しからずや。私の好きな言葉のひとつです。
友が遠い場所から訪ねてきて、そこで歓談する、食卓を囲む、そしてまた語らう。人と人の交わりの豊かさを物語った『論語』の言葉です。

イースターから明けた一週間も、あっという間に土曜日を迎えました。明日、再び日曜日が訪れます。1週間があっという間に感じるわけですが、今週は、朋との久々の再会や来訪を心から楽しむことのできた毎日でした。

再会その1 ~ラジオ~
火曜日、ドイツ滞在中に妻の実家に預けていた荷物が到着。その中には、「大切な朋」である、ラジオが眠っていました。早速眠りから覚まして動作確認。きちんと聞こえます!
実は、仕事をしている時に、ラジオから聞こえてくる声で、リラックスしたり、仕事がはかどるのを感じるのです。普通の職場ではラジオをかけながら仕事、、、、なんてことはなかなかありませんから、それは、通常個人業の特権??? トーク番組を聞いたり、音楽を聴いたり、いろいろ楽しんでいます。


再会その1

再会その2 ~大阪からの朋~
水曜日の夕方、再会、、、というより、初対面なのですが、それを全然感じさせないY牧師が、大阪よりおいでくださいました。東京での出張の帰り道ということで、深沢教会を訪ねてくださいました。Y牧師とは、Facebookを通してお知り合いになりました。ウェブ上でウマが合うと思ったのは、実際にあってもまた然り。ほんの少しの時間でしたが、それでも楽しいお話を楽しむことができました。感謝!


おみやげに戴いた「面白い恋人」
これは初対面!

再会その3 ~Kくん、Sくん兄弟と~
木曜日、夜は田園都市沿線の青葉台へ。青葉台駅に降りるのは、学生時代にバイトをしていた時以来なので、実に15年ぶり!そんな懐かしさとともに、久しぶりに再会したのは、ドイツで知り合った、KくんとSくんの兄弟。お兄ちゃんのKくんとは、1月にベルリンで会ってばっかりでしたが、弟くんのSくんとは、2年近く会っていませんでした。兄弟とも改めて成長ぶりに頼もしく感じるひと時でした。おいしい食事を囲みながら、自分も若者にさせてもらいました!


写真は撮れませんでしたので、店の前の一枚。

実は、この他にも、いくつかの「再会」がありましたが、それを書き連ねると、めちゃくちゃ長文になりそうなので、ここら辺で・・・・。
明日は日曜日。礼拝の日です!
深沢教会の礼拝は、9時~、11時~、19時~の3回行われます。
皆さんと教会でお目に掛かれることを、楽しみにしています!

詳しくはこちらをチェック!
深沢教会WEB http://www.fukasawa-c.com/

2015年4月6日月曜日

デビュー戦!

Happy Easter !!!

昨日(4月5日)は、イースター(主の復活祭)でした。クリスマスと並んで、キリスト教では最も大切な祝いの祭りです。イエス・キリストが救い主となられた日、墓の中からよみがえられたことを、命の回復として喜び、祝います。

イースターのシンボルである卵
命の芽生えを知らせます

この日、世界中の教会では、主の御復活をお祝いします。私たちの深沢教会でも、イースター礼拝が行われました。私にとっては、この教会での初めての日曜日。デビュー戦(??!!)と相成った次第です。
※私の礼拝メッセージは、こちらから観ることができます。

聖書から復活の喜びを分かち合いました。
しかし、なんと猫背な・・・・

礼拝では、賛美があり、信仰の証しがあり、盛りだくさんの内容でした!

深沢教会GNC(Good News Choir)による賛美
身震いするほどステキでした!

礼拝後は、ご馳走に舌鼓を打ちました。心もお腹もいっぱいに満たされました。

数々の御馳走が並びました!


教会「コイノニアホール」で、食卓を囲みました。

復活が与える喜び。
教会はこの喜びが満ちあふれる場所です!
教会を訪ねられたことが無かったら、是非一度のぞいてみてくださいね~。

教会のウェブサイトからも、イースター礼拝の様子を見ることができます!
深沢教会ウェブサイト  http://www.fukasawa-c.com/

答えは・・・・。

愛餐会に並んだごちそうの数々!

シーフードピラフ・紅茶豚に麻婆豆腐!

2015年4月4日土曜日

メニューは????

明日のイースター礼拝後に行われる愛餐会(昼食会)の準備が行われています!


何の材料でしょうか????
何やら大鍋で煮込んでいます。。。
 

メニューが何かを知りたい方は、是非!深沢教会のイースター礼拝にお越しください!
詳しくはこちらで情報をゲット!→  http://www.fukasawa-c.com/



ただの金曜日?

聖金曜日

日本では「ただの金曜日」だった昨日(4月3日)でしたが、キリスト教の世界では、かなり大切な一日でした。その名も「聖金曜日(受難日・受苦日)」。イエス・キリストが十字架に掛かったことを、心の底から思い起こす一日としてきました。

去年の聖金曜日、ドイツはカレンダーの休日。"Karfreitag(カールフライターク)"と呼ばれるこの日は、通常の休日と同じく、街のお店は閉まり、静かな雰囲気の中で、教会ではこの日のための特別なミサや礼拝が行われていました。そういう意味で言えば、キリスト教の世界の中では、一年のうちでもっともシリアスな一日と言えますね。にもかかわらず、去年のこの日(暦が毎年移動するので、4月18日でした)は、「Karfreitagなのに肉を食べる会」と名付けて、バーベキューを楽しんだのを思い出しました(笑)。

聖金曜日を過ぎると「復活の日曜日」

そして、聖金曜日が過ぎると、イエス・キリストが墓から復活したことを祝う「復活祭(イースター)」がやってきます!イエス・キリストが十字架につけられたこと、死んだこと、3日後に墓から復活したこと、それぞれに大切な意味があるのですが、日本では、そのことについて語られる場がほとんど無いと言ってもよいかもしれません。

ですので、教会がその意味を語りたいと思います!
明日(4月5日・日曜日)、私の働く深沢教会でも、イースターの礼拝が行われます。
9時・11時・19時の3回、礼拝が行われます。その中でもメインとなるのは11時からの礼拝です。聖歌隊による賛美や、信者さんによる証し、そして私が聖書からのメッセージを行います。礼拝の後には、御馳走を並べて、皆さんとお昼ごはんを楽しみたいと思います。

心もお腹も満たされること間違いなし!
皆さんのお越しを、心からお待ちしていま~す!

詳しくは、深沢教会のウェブサイトをチェック!→ http://www.fukasawa-c.com/

2015年4月1日水曜日

ブログを始めました!

2015年4月1日。
牧師生活10年目を迎えたこの日より、深沢教会での新しい生活が始まりました。

そして、この日より、ブログを始めることにしました。
タイトルは「日々是ハレルヤ!」
毎日がハレルヤ!と願い、一日を振り返ってハレルヤ!と感謝できるような思いを込めて名付けました。

あまり焦らないで、ゆっくりと更新していきたいと思いますので、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いします!

私の職場はこちら→日本キリスト教団深沢教会 http://www.fukasawa-c.com/